安心安全の足場架設企業 有限会社クローバルテック|トップ足場|足場架設工事|工事用資材レンタル|建設資材|リース|鹿児島|仮設資材|建築建設

有限会社
クローバルテック
〒890-0033
鹿児島県鹿児島市西別府町
3116-53
TEL:099-282-2224
FAX:099-282-5556

-------------------------------
1.建築工事用足場仮設工事、
  工事用資材のレンタル
  並びに販売
2.建築資材に関する
  新商品開発計画、
  企画立案並びに製造販売
3.前各号に付帯する一切の業務
-------------------------------
県知事許可(般)第13728号
 

紹介

   
安心・安全・美観
安全こそが最大の願い
建設現場で働く方の安全を願い、よりよい仕事をして頂けるように日々たゆまぬ技術の向上に努めております。また、建設現場の環境と美観に配慮し、安心・安全及び快適さを追及してまいります。
 

1 構成

1 構成
 
資材用途

1.構成
①緊結部付支柱
単管足場でいう建地となるものでSTK500 48.6Φ×2.4tを使用し、緊結部を450mm間隔で有する。
②緊結部付布材(手摺)
桁方向のつなぎ材となるものでSTK400 42.7Φ×2.3tを使用し、両端に緊結部を有する。
③緊結部付ブラケット
梁間方向のつなぎと作業床受けを兼用する。
④筋交い(ブレス)
筋交いは水平力を有効に建地に伝える部材である。
足場の外側構面には筋交いを設けることとし、その取付は、次による事。
㋑足場用鋼管及び緊結金具を用いた大筋交いを設ける場合は、全層全スパンにわたって、8層8スパン以下毎に交差2方向に設け、その傾きは水平方向に対して約45°とし、大筋交いは各支柱に緊結する。
㋺クサビ式足場用斜材を用いて筋交いを設ける場合は、水平に対し約45°の傾きで、6層6スパン以下毎に交差2方向に設る
壁つなぎを設けたレベル面の足場外面に設ける。
⑤壁つなぎ
壁つなぎの取付は、次による事。
㋑垂直方向5.0m以下、水平方向5.5m以下の間隔で設ける
㋺壁つなぎの建物側はの取付は、柱・梁等の堅固な箇所とし、足場側への取付は腕木材を取付けた位置の支柱とする。
㋩壁つなぎは、壁つなぎ用金具(架設工業会認定品)を使用する。
⑥足場の脚部 
足場の脚部は次による事。
㋑支柱の下端には、ジャッキベースを用いこれを敷板等不等沈下しない堅固なものの上に設ける。
㋺桁行方向、梁間方向それぞれに根がらみを設ける。
⑦作業床
作業床の設置は次による事。
㋑作業床の床材は、床付き布枠を使用し、作業床の幅は400mm以上とする。
㋺作業床の床材は、次のとおり組立てるものとする。
1.梁間方向の腕木材は緊結部付ブラケットに架け渡して取付ける。
2.垂直間隔は2.0m以下とする。
3.各スパンにわたって連続、かつ、堅固に取付ける。
4.梁間間隔に合うように一枚又は複数枚を敷き並べる。
5.床材間の隙間及び床材と幅木との隙間は30mm以下とする。
6.つかみ金具は確実にロックする。
⑧クランプ
架設工業会認定品のクランプを使用する。
⑨緊結方法
クサビ緊結式ビル工事用足場の組立にあっては、緊結部の凸型金具等を凹型金具等に確実に打込むこと。又、大筋交い、根がらみ、方杖等の部材を足場用鋼管で取付ける場合には緊結金具を使用し、これを確実に締め付けること。

 

現場事前調査

現場事前調査
 
現場事前調査
現場事前調査
現場事前調査
1-1 現場調査
①目的
現場に入る前に、より多くの正確な情報を入手し「作業性・安全性に優れた足場施工」「スピーディーな足場施工」を実現します。又、図面がある場合でも、図面から得ることの出来ない状況を把握し、クレームやトラブルを回避する事を目的とします。
②事前調査実施前の確認
イ)必要個所の足場の確認
ロ)平面図・立面図等の図面の有無の確認
(図面がある場合においても現場に変更等が無いかを確認します)
ハ)現場の工程確認および連絡
(施主様がお待ちしている場合がありますので、担当者を通じて事前に電話連絡を入れます)
③現場事前調査
搬入・搬出経路並びに駐車スペースの確認
トラックの大きさを把握した上で、道路の幅・曲がり角等の確認を行い、問題のある部分は案内図にその内容を記載し、情報を記載します。トラックの駐車位置についても確認します。又、問題がある場合は、早い段階で担当者と打ち合わせて駐車場の確保並びに道路駐停車許可等の申請を行います。
 
 
建物状況及び、隣地、境界、有効敷地の把握
建物状況及び、隣地、境界、有効敷地の把握
建物状況及び、隣地、境界、有効敷地の把握
敷地・建物状況及び隣地状況の把握(障害物の有無)
足場を施工できる有効敷地が極めて狭い場合は、空中での越境、もしくは隣の敷地をお借りしなくてはならない状況も発生する為、特に確認が必要となります。更には、隣家の軒出、電柱、引き込み電線、カーポート、テラス、浄化槽、境界ブロック等の確認を行い
一時撤去出来るか否かを判断して問題がある場合は直ちに担当者に確認します。
 
 
施工前打合せ
施工前打合せ
施工前打合せ
足場施工等の目的
現場事前調査した結果を直接施工するパートナー(施工チーム)に伝達し、「安全・安心で作業効率のよい足場施工」「足場施工時・施工後のトラブルを予防」する事を目的とします。
(作業日時・入退場の時間・人数等、十分な作業環境や条件を確保するように心がけます。)
 
ご挨拶
ご挨拶
御施主様及び近隣挨拶
目的
作業前に、御施主様及び近隣への挨拶を実施し、気持ちよく作業が出来る環境を作ります。
 
KY活動
KY活動
KY活動
目的
事前に危険個所・作業の注意点などを確認しておく事や、準備運動をする事により、安全且つ効率的な作業を目指します。
ポイント
イ)作業前に正しい服装、保護帽、安全帯、ネームプレートの点検を行います。
ロ)作業者の適正配置を定めます。(無理な作業はさせない)
ハ)作業分担を決め、作業方法・手順をぜんいんで確認します。
ニ)敷地内を確認します。(駐車の位置、搬入経路、部材の置場・置き方、作業通路、上下作業の確認)
ホ)工具類の点検
ニ)全員で危険予知活動(KY活動)を行い、予想される災害・怪我を防止します。
 
 

▼お気軽にお問い合わせください

▼お気軽にお問い合わせください
 
 
<<有限会社クローバルテック>> 〒890-0033 鹿児島県鹿児島市西別府町3116-53 TEL:099-282-2224 FAX:099-282-5556